IPOとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

IPO

コンテンツ

IPOとは、未上場の会社が新規に株式を公募や売り出しによって証券市場で売買を可能にすることです。株式の新規公開とも呼ばれていて、日本証券取引所に上場する形で行われます。株式を公開することによって、資金の調達がスムースに行えるようになるのと同時に株式市場での売却によって、投下した資本の回収も容易になります。また、上場によって、企業の知名度や信用といったものも向上するといった副次的な効果もあります。しかし、上場することにより、資本家、つまり株主の評価が常について回り、株主や社会に対しての責任を負う責務が生じます。会社売却の際に株式公開はM&Aとともに行われる方法としても代表的なものとして知られています。

お役立ち情報

個人事業主や未上場の企業が事業規模が大きくなり、事業資金の効率的調達をおもな目的とするのが、IPOですが、会社売却のひとつの方法としての側面もあります。M&Aが売却相手に直接、資産、ノウハウなどの事業を譲渡するのに対して、IPOは、主に株によって企業価値を判断してもらい、資金を回収します。IPOによる会社売却は、主計幹事証券会社や証券取引所の審査があり、上場できない可能性や審査期間も長いので、準備に時間がかかります。M&Aは、直接的に買収相手と交渉するので、双方の合意があれば、企業価値が高いか、安いかということに関わらず、売買が素早く成立するので、IPOに比べて資本の回収という観点では簡易かつ確実であるといえます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る