インサイダー取引とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

インサイダー取引

コンテンツ

インサイダー取引とは、一般公開時において関連する企業の株価に大きな影響を与える可能性のある情報を、内部関係者等の一部の限定された人間が一般公開前に知り、それを知った上で関連する企業の株式取引を行う事です。この取引は金融商品取引法で規制されており、行った場合は刑罰の対象となります。
ですが株価への影響度合いや情報を利用した、していない等、明確にする事が困難な部分が多く立証は難しいです。
判明され易い例を上げると、会社売却、M&A等に関する情報を利用したインサイダー取引があります。この様な情報は後の企業体制、株価に与える影響度が一般的に高く、また認識している人間が限られてくるのでインサイダー取引として判明され易いです。

お役立ち情報

現在ではインターネットでの株式取引に始まり、IR情報、大量株式保有情報等々、企業や株価に関連する詳細な情報を一昔前に比べて一般人でもリアルタイムで安易に入手できる様になりました。内部の明確な情報を知らない人間であっても、これらのインターネットから入手出来る散らばった公開情報から会社売却やM&Aが想定出来てしまう場合もあります。
また、インターネット掲示板やブログ等、インターネット上のコミュニケーションツールの普及により、本物の内部情報が拡散し易い環境になってきております。
一般公開されている情報を利用して想定し取引する事はインサイダー取引の規制対象になりませんが、経由問わず本物の内部情報を利用して取引する事は規制対象です。インターネットの普及で情報の利便性が増えている分、情報の活用には注意が必要です。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る