意向表明書(LOI)とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

意向表明書(LOI)

コンテンツ

意向表明書(LOI)とはM&Aにおける会社売却を視野に入れた意向を書簡で表明することであり、その目的としては企業の買収やその過程を計算して実行に移す為の計画、そしてその買収に関する価格傾向を筋書き立てることにより展開しております。
その際に上記スキームに沿って立てられたスケジュールに基づいて、記載条件をソツなく実行させることを基準としてM&A全般の検討を進める場合に用いられる書面となっております。
なお、上記書簡としての効力自体は法律的に有効であるわけではないので、その内容と目的についても明確に所信されております。
なおプレスリリースにおける株主向け報告書簡についてもよく用いられておりますので、会社売却入門などでもしばしば取り上げられております。

お役立ち情報

意向表明書(LOI)を用いた会社売却において、買い手としての交渉権をを独占させる為の書簡と言うものがあり、買収要求において表明する書面については2通りのケースが存在しており、企業の売却価格やそのM&A時期などについて詳細条件を展開しているパターンと、ほぼ詳細条件の記載がない状態で会社売却を進めていくパターンなどが存在しております。
その際に会社売却の買い手候補となっている相手先に情報提供を含めて行なうことによって、意向表明書(LOI)自体についてはある程度、内容検討を行なったのちに提出されることになります。
会社売却案件として買い手となりつつある候補者については、予め売り手からのさまざまな情報を入手することでM&A自体の可否や、形式としてプランされたスキーム、そして検討されて導き出した価格や時期、そしてその他の会社売却における付帯条件について検討した上で、暫定的な売却条件を売り手にM&A案件として表明することができます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る