IBとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

IB

コンテンツ

IBとは、Investment Bankの略称であり、日本でいうところの投資銀行を指します。アメリカのインベストメント法に基づいて位置づけられています。日本における銀行法を含む金融法関連などでは、投資銀行という名称では認可を受けてはいません。株式市場を通じて企業の資金調達を行ったり、M&A戦略におけるコンサルティングを主な業務としている外資系の金融機関です。組織編成や資本政策といった高度な金融業務にも携わります。証券会社もこのような業務を担っていますが、「IB」のニュアンスには「欧米の巨大証券会社の総称」という意味合いがあります。直訳によって「投資銀行」となってはいるものの、商業銀行業務を行うことは認められていません。

お役立ち情報

1933年にアメリカで成立したグラススティーガル法が、商業銀行業務と投資銀行業務の分離を明確としたことによって、銀証ははっきりと分けられました。しかし規制が緩和されるにつれ、銀行が証券子会社を設立するようになりました。これがIBです。日本においても銀証は分離されていましたが、規制緩和によって銀行子会社が証券業務に参入することが認められ始め、それにともなって多くのIB業務を行う企業がうまれています。もともと「Bank」という意味合いにはリスクを抱えながら投資的な直接的な金融を行って利益を上げる金融機関というニュアンスが強く、日本においての「銀行」は「融資の利息によって利益を上げる」という意味合いが強いものです。そこに若干の認識の違いが生まれていますが、投資銀行は本来の「Bank」がもつニュアンスのもとに存在しています。しかし外資系のIBに比べ収益性が低く、リスクテイクやリスク管理の脆弱さが指摘されています。日本におけるM&Aのコンサルティング業務を行うのが外資系であることが多いのはそのためです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る