法人格否認の法理とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

法人格否認の法理

コンテンツ

会社法の改正により、事業主一人だけの会社であるにも関わらず登記をするだけで法人格を手に入れることができるようになりました。このように、法改正によって個人事業主がすぐに法人格を有することが出来るようになってしまったのです。このような制度によって最低資本金制度が撤廃され、株式会社制度の乱用を招くおそれがあると懸念されていました。そこで生まれたのが法人格否認の法理です。そこで登場したのが法人格否定の法理です。法人格否定の法理では、法人とその背後にいる人の間にある形式的独立性を貫くと不当な結果となる場合に、損失を被るおそれがある場合、法人格を否定することができます。この法理はM&Aで広く見られる法理です。

お役立ち情報

法人格否認の法理を適用されないようにするためには、法人であることの要件を揃えるために形式的であってもその要件を満たす行為を行う必要があります。その具体的な例を挙げてみましょう。取締役会や株主総会を定期的に開催し、名義貸しだけの役員を置かないことで法人格否認の法理の適用を回避することができます。M&Aによる買収を考えている第三者が、この場合は企業になります、買収対象の企業に法人格がないと判断されるおそれがあるのであれば、会計基準を明瞭化し、子会社を作る際にも再建隠しなどの不法行為がないように気をつける必要があります。個人事業主の場合には、法人と個人の混同が見られるので、公私混同をしないよう気をつける必要があります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る