法務デューデリジェンスとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

法務デューデリジェンス

コンテンツ

法務デューデリジェンスとは、相手の会社に企業に法的に問題となりそうなリスクがあるか、また、M&Aや会社売却を実行する際に、相手の会社側に阻害要因がないか、また、解決しなければいけない法的問題がないかどうか等を調査するために、事前にその会社の契約関係などの法律上の有効性を評価することです。中小企業のM&Aの場合はその費用面から法務デューデリジェンスが省略される場合もありますが、法務デューデリジェンスを行わない場合には、M&Aや企業売却を行った後で法的な問題が発覚した場合にその責任を買収元の会社が負わなければならず、その損害が金銭的な面より社会的な信頼の面が大きくなることから法務デューデリジェンスはどのような場合であっても基本的には行うべきと言われています。

お役立ち情報

M&Aにおいて法務デューデリジェンスは非常に重要なプロセスであり、M&Aや会社売却を成功させる上で必要不可欠なものとなりつつあります。特に外国企業では、法務デューデリジェンスは必要事項であり、これを実行しないM&Aは成立しないほどです。しかし、日本の場合はその国民性ゆえに、信頼関係の上で成立すると考えられている部分が多く、相手方を調査するのは今後の信頼関係を損ねるとさえ考えられている部分があります。しかし、本来は信頼関係があればこそ法務デューデリジェンスは行われるものであり、円満にM&Aや会社売却による経営統合を進め業績を上げてゆくためには、そのプロセスをきちんとこなしてお互いの信頼関係を強固にする必要があります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る