非適格組織再編とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

非適格組織再編

コンテンツ

会社にはそれぞれの企業形態があり、そして改編の歴史があります。企業の再編の際には、適格組織再編か非適格組織再編かに分類されます。これは、税制適格か税制不適格かの分類によるものです。M&Aにもそのことが記載されており、会社売却の際にも必要になります。その企業の再編を行う場合には、観点項目別に再編において条件を満たしているかのチェックを受けることになります。そして、それぞれの項目で条件を満たしていれば、適格組織再編となります。しかし、全ての再編で条件を全て満たせるわけではなく、その場合には非適格組織再編となってしまいます。非適格組織再編となっても、実害はないのですが、税制上の損失が発生する場合があるので、できれば全ての観点で条件を満たしておくことが望まれます。

お役立ち情報

ある会社を再編しようとなると、その際には様々なチェックが入ります。その時に、適格組織再編なのか非適格組織再編となってしまうのかが分かれます。M&Aには詳細な条件までは記載されていませんが、会社売却の際にも必要となります。基本的には、チェックする観点は7つあります。まずは資産譲渡の際に、別途の金銭取引が発生しないことが条件となります。また、資産引き継ぎは必ず50%以上の引き継ぎが必要になります。そして、再編の際に従業員が80%以上引き継がれなければなりません。再編の際には、再編したあとの事業が再編前の事業と関連がなければならず、その事業が継続される見込みが十分にないと適格とは認定されません。これらの観点項目のうち1項目でも、条件を満たしていなければ、非適格組織再編としてみなされます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る