範囲の経済とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

範囲の経済

コンテンツ

M&Aは敵対している企業、もしくは会社売却を行っている企業などを買収することによって自社の生産性を向上したり、また経営範囲の拡大を狙う手法として認識されています。
効率的なM&Aを狙うのであれば確認しなくてはならない情報は非常に多いといえますが「範囲の経済」という概念も、この確認しなければならない情報の一つです。
これはある企業が複数の種類の財やサービスといったものを生産する際に必要とされるコストの合計額が、それぞれを単独で生産される場合のものを下回るという概念です。
これは経営資源の共有や不足する分の補完などによって生産を効率化する作用があるといえます。
M&Aにおいて、自社が既に行っている事業と関連性の深い事業を行っている会社を買収するということは、この範囲の経済によって生産性を向上させる可能性があるといえるのです。

お役立ち情報

範囲の経済を意識してM&Aを行うということは、一見すると買い手にとってのみ重要であると考えられる場合もあります。
これは範囲の経済というものが、買収を行おうとしている企業にとってのシナジー効果に左右されるからということが理由ですが、実際にはこれは会社売却を行おうとしている売り手企業にとっても重要なこととなります。
基本的にM&Aを実行するかどうかという判断においてはバイヤーズバリュー、すなわち買い手にとってその企業を買収することで得られるメリットや利得が判断の基準となります。
買収をしたところでメリットや利得が薄いのであればM&Aが完遂されることは無いといえるでしょう。
ですがここで重要なのは、バイヤーズバリューの計算には企業買収によって得られるシナジー価値などが含められているということです。
売り手企業が範囲の経済という観点からシナジー価値の存在を説くことが出来れば、バイヤーズバリューは飛躍的に高められることもありえます。
そのため、この範囲の経済は買い手と売り手、双方の企業が重視しなくてはならないこととなるのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る