偶発債務とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

偶発債務

コンテンツ

近年、会社が行う活動の中で、M&Aというものが目立ってきました。M&Aというのは、企業の買収に関わるもので、一般的な活動とは異なる対応が必要になります。M&Aの手続きを行うに当たって求められる知識には、非常に多くのものがあります。十分な理解をしておかないと、M&Aを円滑に行うことが難しくなります。

たとえば、偶発債務という債務についての理解を欠かすことができません。偶発債務というのは、現時点においては債務として確定していないものの、将来的には債務となる可能性がある債務のことです。たとえば、受取手形を裏書譲渡した場合には、その手形が将来的に不渡りになる可能性があるため、偶発債務の可能性を考えておかなければなりません。

お役立ち情報

M&Aなどの複雑な手続きを進めていく場合、M&Aの知識を持っているだけでは、スムーズな手続きを進めることができません。M&Aは、一般的に行っている企業活動とは全く異なるものなので、専門的な知識を身につける必要があります。M&A自体の知識を十分に持つべきなのは言うまでもなく、それ以外にも、債権・債務に関する知識が欠かせないのです。

とりわけ大切なのは、偶発債務と呼ばれる債務です。偶発債務が発生する取り引きには、さまざまな例があります。たとえば、債務の保証、売り渡し済みの商品に関する各種保証、先物売買契約、引渡済みの請負作業に対する保証、債務の保証、受注契約などが挙げられます。偶発債務について、きちんと理解することで、M&Aの手続きを進めやすくなります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る