現在価値とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

現在価値

コンテンツ

M&Aで会社売却を行う際に重要になる要素に、現在価値という基準があります。企業が事業を継続してきた際には、帳簿上には記載されない資産を持っている事も多々あり、このような把握できない資産を目的としてM&Aが実施されるケースは多くあるのです。しかし、M&Aの内容によっては、目的とは異なる形で会社売却が行われることもあります。又、企業が抱える問題を明らかにしないままM&Aを実施すれば、後でトラブルになるケースもあります。その為、このM&Aという形態で会社売却を行う際には、事前に明確な基準を用いて企業価値を判断する事が重要になるのです。このような会社売却ケースで用いられるのが、現在価値という規準になります。

お役立ち情報

この現在価値という指標は、実質的な収益性が重視されて企業価値が算出されます。総合的な判断で企業の収益性はマイナスでも、特定の事業を見ると大きな収益性が確認できる場合もあり、現在は収益性が認められなくても、将来的な企業の収益性が認められ売却可能となることも多くあります。その為、現在価値は将来の収益性の現時点における価値のことを指し示すものとなり、現在の資産と、一定期間後に入ってくる収益を踏まえ、M&Aで会社売却を行う際に現在価値という基準を用いて企業価値を算出する事が必要になるのです。
この将来の収益性や企業価値を現在価値で算出する場合には、将来のキャッシュフローなどの要素を基本として、割引率や年数が加味され算出される事になります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る