減損価格とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

減損価格

コンテンツ

会社売却・M&Aなどを行う際は、さまざまな知識を必要とするため、十分な準備を整えておかなければなりません。会社売却やM&Aについて勉強しているだけでは、スムーズな手続きが進められないのです。会社売却やM&Aには、多くの事項が関わってくるため、それらについて、正確な知識を習得しておくことが求められます。

たとえば、減損価格という用語についてです。企業が作成する財務諸表の1つである貸借対照表には、さまざまな資産を計上しています。その資産の価値が何らかの原因で下落した場合、適切に帳簿価格に反映させる必要があります。この場合に会計処理を行った価格のことを、減損価格と呼びます。減損価格を正確に理解して、資産の価値を把握しなければなりません。

お役立ち情報

会社売却、M&Aなどの手続きは、簡単に進めていくことができるものではありません。会社売却やM&Aに関する知識を身につけることについては、比較的容易であっても、それ以外の知識まで身につけるには時間がかかります。たとえば、減損価格などの用語を正確に理解することで、会社売却・M&Aの手続きを進めることが容易になります。

減損価格を考慮して会計処理を行うことは、非常に重要なことです。会計処理が適切に行われることで、資産の価値を正確に把握することが可能になり、会社売却・M&Aを円滑に行うことができるようになるのです。資産を使用することで将来得られると見込んでいたキャッシュフローが、当初の見込みよりも少なくなった場合などは、価値の低下を帳簿に反映させる処理を行います。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る