源泉徴収とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

源泉徴収

コンテンツ

日本経済において重要な用語としてM&Aがあります。これは主に企業などの合併や買収などを意味しますが、そこに含まれる形で様々な経済用語があります。労働者であれば必ず知っておくべき内容として源泉徴収について見ていきます。源泉徴収とは給与から所得税や社会保障費などを徴収することを指します。徴収効率が良いことから日本でもドイツに倣って1940年から実施された制度です。この源泉徴収によって徴収された所得税の差額調整に関しては、サラリーマンや公務員などは年末調整が自営業を営む方を対象としたものは確定申告などがあります。徴収効率は限りなく100%に近いのですが、反面企業に勤めている方は納税感が薄れがちです。

お役立ち情報

源泉徴収は納税の証明として利用したり何かを申請する際には必ずと言って良いほど必要となってきます。ここで気をつけておきたいことは源泉徴収の対象となるものは給与所得はもちろんですが、その他にも退職所得や株主などの配当所得までが徴収の対象となります。このことに気をつけておかないと納税漏れとなってしまい新たな課税が課せられる可能性があります。源泉徴収はM&Aの業界にも必要となってくるものであり、株主などが自己株買いなどでみなし配当が出てしまった時にも源泉徴収が必要になります。このことを知らない方は意外と多くいるようなのですがしっかりとした株式の知識がないと余計な課税対象となってしまう可能性があります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る