現物出資とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

現物出資

コンテンツ

現物出資は、お金以外の方法で出資をすることを言います。
会社設立や株式を取得する際には資本金を用意するためにお金を用意する必要があるのですが、賃借対照表に表示される簿記上の財産的な価値があるものが存在すれば、それを実際の現金の代わりに出資しても良いことになっているのです。
この場合、簿記上で財産として表示されるものでなくてはいけませんので、例えば不動産や土地などはその典型だと言えます。
また、現物出資でM&Aをするときには、現存する株式と同等の評価をすることができる財産的なモノである必要がありますので、そのための調査も必要になります。
現物出資をするときは定款にその旨を明記することも忘れてはいけない重要事項だと言えます。

お役立ち情報

現物出資と言うのは、簡単に言うと現金の代わりにモノを利用して会社を買収しようとするものですので、M&Aをするときには外部からその財産的な価値が存在するかをきちんと精査してもらえなくてはいけません。
しかし、実はこの調査には三つ例外も存在しているのです。
まず、出資するモノの価値が500万円以下か資本金の5分の1の価値しかないことです。
二つ目が、市場価格の存在する有価証券をその価格で超えない範囲で出資する場合です。
そして三つ目が、公認会計士や弁護士と言った専門家に財産の価格の調査を前もってやってもらっていた場合です。
このように、現物出資をするからと言って必ず外部から厳格な審査が行なわれなくてはいけないということではないということを知っておいて損はありません。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る