ファインディングとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ファインディング

コンテンツ

M&Aは会社売却を行っている企業を買収することで自社の資源などを拡充し、より経営を成長させたり、多角化させたりといったことに非常に効果的な手段です。
ですが実際にM&Aを完遂させるには様々な過程を踏まねばなりません。
そのM&Aが開始される最初の一歩こそが「ファインディング」ということになります。
ファインディングとは実際にM&Aを行うにあたって、買収を行うに値する企業を探すことを指す言葉です。
会社売却などは現在の経済において非常に一般的なものとなっていますが、買収に値する企業が売却に出ているとは限らないため、自社が買収を行いたいと考える際にはまずこのファインディングを行い、成功させなくてはならないのです。

お役立ち情報

ファインディングにおいては売り手にしろ買い手にしろ、様々な事項を意識しなくてはなりません。
まず買い手にとっては会社売却が行われている企業の情報を精査することはもちろん、自社が現在どういった資源や要素を欲しているかといったことを冷静に分析することが必要です。
M&Aにおいては買収先となる企業の規模などによって必要な資金なども大きく変化してくるため、自社がどれだけの資金をM&Aに投入できるかということを事前に確認しておくことも当然必要です。
また売り手にとっては、交渉を適正に進めるためにも売却に出している自社を必要としている買い手を見つけることに加え、もし自社を売却に出そうとしていることを知られたくないというのであれば、匿名性を守れるよう、公開する情報の範囲や内容などにはよりいっそう強い注意が必要となるでしょう。
現在はこうしたファインディングのプロセスをはじめとして、M&Aを完了までサポートする事業者なども登場してきているため、売り手・買い手ともに、こうした事業者にファインディングの段階からM&Aのサポートを依頼するケースが増えつつあります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る