EVとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

EV

コンテンツ

EVとは、Enterprise Valueの略称です。企業価値のことですが、価値判断はそれぞれの立場によって変わるものです。そこで「企業価値」とは訳さず、「企業価格」と表すほうが順当ともされています。具体的にはM&Aなどで買収に必要である資金を指します。株式の時価総額と有利子負債を足し、そこから現預金などを引くことでEVを求めます。市場におけるその対象企業の時価は株式の時価総額で求め、買収後に支払義務が発生する有利子負債を足して、そこから買収後に自社のものとなる現預貯金を引けば、買収に際して必要となる最低資金は算出されるのです。それだけで有益なM&Aとなるのか否かが判断されるわけではありませんが、参考となる数字のひとつとしてあげられます。

お役立ち情報

このEVは、EV/EBITDA倍率を求めるのに用いられます。EBITDAは営業利益に減価償却費を足すことで算出されますが、企業の収益力をはかるのに目安となります。企業が1年間で生み出す現金を表します。この2つを用いて算出されるEV/EBITDA倍率は、企業の市場における企業価値の評価とキャッシュを生み出す力の比率です。その数値が低い企業ほど株価が割安であると見られ、投下資金の回収が容易であることを意味しています。投下資金が小さく、回収に要する労力が小さくて済むのであれば、M&Aの対象として投資の旨みがあるものとされます。M&Aの標的を探す際にも有効であることから、注目される指標となっています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る