エンジェルとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

エンジェル

コンテンツ

エンジェルとは、ベンチャー企業を支援する個人投資家を指します。ベンチャー企業は資金調達が難しく、その中で資金提供を行ってくれる個人投資家はまさに「エンジェル」ということから、このように呼ばれることとなりました。ベンチャー企業への投資は時として大化けし、大きなリターンを生むこともあります。「エンジェル」は、これを狙って投資を行っています。会社売却を伴う再生型M&Aの市場において、戦略的なスポンサーは増加傾向にあります。再生型のM&Aの抱えるリスクは、ごく普通のM&Aに比べ高いとされています。このためスポンサーを見つけるのは容易ではなく、往々にして時間を要していました。スポンサーには事業会社や投資ファンドも候補となりますが、エンジェルもまたスポンサー候補となります。

お役立ち情報

会社売却を伴う再生型M&Aにおいて事業領域が似ている事業会社が資金提供を行う場合には、販路拡大やシナジー効果を狙った現事業の戦略の一環としての投資のケースが多くなります。マッチングが成功する可能性も高くなりますが、事業内容に精通していることから査定価格などが辛くなる傾向にあり、また事前に機密情報が漏れて「タダ取り」されてしまうというリスクも伴います。投資ファンドにおいては、運用利益を目論んだ投資となります。株式が売却されたとしても現経営陣がそのまま残る可能性も高いのが特徴です。しかし短期間で大きな経営改善を図るため、そこに摩擦が生じる可能性も歪めません。業務継続のためにM&Aのスポンサーとして個人投資家を選択する場合には、資金調達の手段が乏しい中での出資者ですので、「エンジェル」と呼ばれるにふさわしい立ち位置となります。新エンジェル税制によってかなり出資のリスクは軽減されていますので、積極性が高められています。しかし出資先の成長に伴いエンジェルの発言権の行使が経営の理不尽な束縛を生むこともあり、「エンジェル」が「デビル」に豹変することもあります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る