独占交渉権とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

独占交渉権

コンテンツ

会社売却、M&Aという手続きを進める場合があります。企業は、日常的に営業活動に従事しているわけですが、会社売却やM&Aという手続きは、通常の営業活動とは全く別のものです。そのため、特別な知識やスキルを習得していなければ、会社売却やM&Aをスムーズに行うことはできません。

とりわけM&Aでは、独占交渉権という交渉権についての理解が重要になります。独占交渉権というのは、譲渡希望会社が、買い手の候補となっている企業に対して、排他的な交渉権を与えるというものです。独占交渉の契約の期間中は、第三者が関与しているかどうかを問わず、他の買い手の候補先と接触することが、一切禁止されることに注意が必要となります。

お役立ち情報

会社売却、M&Aのような特殊な手続きを進めていく場合は、通常の営業活動とは異なる対応をするように心がけなければなりません。会社売却、M&Aという手続きは、営業活動とは異質のものであるためです。会社売却、M&Aに特有の注意点があります。会社売却、M&Aに関する知識を十分に習得するだけでなく、関連する法律的知識、権利関係を正確に把握しなければなりません。

とりわけ重要になるのが、独占交渉権という交渉権です。独占交渉権は、M&Aの基本合意書を作成する際に盛り込まれるのが一般的です。独占交渉権の期間については、契約内容によって具体的に決められるものですが、60日間から90日間程度に設定されているのが通常です。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る