デューデリジェンスとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

デューデリジェンス

コンテンツ

M&Aは効果的に企業を成長させる手段として、また経営が苦しい企業が会社売却をすることで資本を獲得するための手段として認識されています。
ですが実際に買い手と売り手が双方ともに効率的かつ公正なM&Aを行うには、売り手となる企業の様々な情報を確認しなくてはなりません。
その企業の情報を集め、精査するというのが「デューデリジェンス」となります。
基本的には買い手が一方的に行うのではなく、売り手と買い手が最終合意に向けて互いに協力し合うことを約束する基本合意が締結した後になされるものです。
日本語においては「買収監査」とも呼ばれており、この結果問題が無いと判断されれば最終的な条件の調整を行い、最終的な売買契約の締結へと向かうこととなります。

お役立ち情報

デューデリジェンスは効率的かつ公正なM&Aを完遂するには必要不可欠の存在ですが、実際には会社売却を行う企業に関する情報というものは膨大であるため、あらゆる情報の収集と管理を行おうとすると膨大なコストがかかることとなります。
特に中小企業がM&Aを行う場合などにはこのコストが非常に大きいものとなるため、一般的には全ての情報ではなく、財務デューデリジェンスや法務デューデリジェンスと呼ばれる、比較的重要な情報にのみ限って行われることとなります。
経営の知識はもちろんのこと、法務や経済などの面においても非常に高い専門的知識を要するため、昨今ではこの業務をM&Aを仲介している業者などに依頼することが多くなっています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る