デットエクイティスワップとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

デットエクイティスワップ

コンテンツ

M&Aの手続きや、会社売却を行うケースが目立っています。その際、十分な知識を持っている人でなければ、手続きをスムーズに進めることはできません。近年、デットエクイティスワップというものが注目されています。

デットエクイティスワップというのは、英語のDebt Equity Swapで、債務と資本とを交換することを指します。デットエクイティスワップは、債務と交換することで、株式を発行するという手続きなのです。これは、債権者側から見ると債権の株式化、債務者側から見ると債務の資本化ということになります。債務者にとって、過剰となっている債務を減らして、財務的な体質を健全なものにしていくことができるメリットがあります。

お役立ち情報

会社売却やM&Aといった手続きを進めるに当たっては、さまざまなことを学ばなければなりません。特に、近年ではデットエクイティスワップを有効に活用する動きが目立ってきました。

デットエクイティスワップの手法として頻繁に利用されるのは、現物出資方式・新株払込方式という2つの方式です。現物出資方式では、債権を現物出資する方法です。そして、新株払込方式は、金銭による出資と債務を返済することとを組み合わせて用いる方式です。

デットエクイティスワップについて、会社法では特別な定めが置かれています。現物出資方式を用いた場合は、検査役による調査が原則として不要となっているのです。大きな弊害が見当たらないということで、手続きを簡略化させ、利用しやすい形としていると理解されています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る