ディール・メーカーとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ディール・メーカー

コンテンツ

M&Aは会社買収を考える買い手と会社売却を考える売り手の二つが存在する友好的買収か、買い手が無理やりに相手の会社を買収しようとする敵対的買収のどちらかのタイプに区分できます。
そしてこういった買収が行われる際は、どちらか、もしくは双方にM&A全体のプランを立てて進行させていく役目の人が存在します。
M&Aにおけるディール・メーカーとはこういった案件を進行する主要な人物のことです。
つまり、ほとんどの場合はM&A案件における仕掛け人、もしくは双方の会社の経営者といった人物ということになります。
こうしたディール・メーカーはそれぞれの会社の今後を大きく左右するのみならず、それぞれの会社で働く従業員の今後も大きく左右することとなりますので、非常に慎重な判断や様々な知識が必要となります。

お役立ち情報

M&Aは会社買収を行う買い手側、会社売却を行う売り手側のどちらであるかを問わず、ディール・メーカーとなる人物には様々な知識や判断力が求められます。
特にM&Aにおいては売買の対象となった企業に企業価値が付けられ、それに応じた金銭が動くことがほとんどとなります。
この企業価値というものは企業の業績のみならず、その企業が買収された後に買い手側に発生するメリットなどから大きく変動するものです。
こうした企業価値の判断という面などにおいては通常の経営者の知識のみでは客観的かつ公正な判断が出来ない場合が多いため、現代のM&Aにおいては中立の立場を持つ仲介者を立てたり、それぞれの立場にアドバイスを行えるアドバイザーを用意したりといったことが増えています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る