DDSとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

DDS

コンテンツ

DDSとは、デッド・デッド・スワップの略称で、M&Aの手法のひとつとして用いられます。会社が負っている債務には返済に優劣があり、ほぼ全ての債務は優先的に返済すべきものです。しかし「他からの借入の返済を優先的に返済し、後回しいしても良い」とする貸付による債務があります。これが劣後ローンと呼ばれるもので、無担保で、金利や手数料は高くなります。会社がの経営が健全であるときには他の借入と同様に扱い、取り決めにある返済方法で支払われますのでなにも違いはありません。しかし経営難に陥ったときに、この「劣後ローン」の性質が生かされます。これによって会社再生の際に、劣後ローンへの転換が救済の方法として有効ですが、この劣後ローンへの転換をDDSと呼びます。

お役立ち情報

劣後ローンは、その性質から「資本性の高い債務」として扱われます。DDSによって現在の債務が劣後ローンへの転換が図られれば、資本の一部として認められることとなります。金融業者もその債権に対して貸し倒れ引当金の積み増しを行わなくて良いこととなり、企業の債権に向けた新たな貸付が可能となるのです。DDSで返済の期限に猶予が出来ることとになりますので、その間にM&Aなどの事業再生に向けた計画を建てれます。事業の継続に大変有効な手法となり、資金繰りが悪化した企業にとっては大きな支援となるのです。現在中小企業金融円滑化の法律によってリスケジュールされた債権の件数が膨らんでいますが、これは潜在的な不良債権です。金融庁のDDSへの方針が定まれば、不良債権の増加に歯止めをかけ、現在経営難に陥っている企業の再生も助けられます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る