超過収益とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

超過収益

コンテンツ

超過収益とは、企業が経営を継続して行く過程で蓄積されていった潜在的な企業価値のことです。つまり現時点では金銭観算で評価しにくいものでありながら、業界において優位的な取引関係や従業員の質の向上などを指します。そしてその企業価値が他の企業に対し強みとなっていれば、超過収益力として評価されることになります。

企業の買収・合併といったM&Aの局面では、超過収益力を加味した企業価値が量られます。そのため測定可能な資産や負債の時価額に対して超過収益力を加えて評価額が決定されます。その場合は差額として「のれん」が計上されることになります。

この10年における日本企業のM&Aとりわけ海外企業を買収するクロスボーダーが注目されています。しかし内外の企業文化の齟齬は容易に解決することができないため、価値の創出が難しいことから失敗する事例が多いと指定されています。

お役立ち情報

買収・合併などのM&Aが行われると、「のれん」が計上されます。M&Aの対象になる企業は、平均利益を上回るような超過利益を出しているような優良企業とは限りません。むしろ他の企業に比べて業績はふるわないものの、買収企業の資源と組み合わせて相互補完的あるいは相乗効果的なメリットがあれば、トータルでの業績は向上するという判断からM&Aが行われます。つまりM&Aの対象企業は超過収益力がない企業が多いということになります。しかしここで注意すべきは「のれん」が計上されることです。このことをもって「のれん」とは超過収益力であるとする見解がありますが、これは正確ではありません。

「のれん」の定義は概略で、経営資源を有機的一体と捉えて「人が」継続的に効果を発揮させ、取引分野において優位性を持つ収益基盤である、というものです。したがってM&Aを実行してもキーパーソンがいなくなれば「のれん」は減損します。あくまで人が維持発展させるものであると認識することが重要です。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る