物的承継とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

物的承継

コンテンツ

事業承継には物的承継と人的承継があり、その中でも会社の価値に関わる財産の継承を物的承継といいます。M&Aのどれかの手法によって会社売却が最終契約に達すると、企業間でM&Aの契約の行使に向けた手続きが開始されます。その中で、もっとも重要なのが会社から会社へと資産の承継を遅滞なく円滑に行うことです。売却予定の企業価値というのは、資本金と剰余金、そして株式価値を総合した純資産によって総合的に評価されます。会社の株式が承継される際には、贈与税や相続税が発生し、税金が取られる仕組みです。資産を含む物的承継はタイミングや手法によって税負担が大きく左右されるため、コンサルティン業務と提携することで円滑に行われます。

お役立ち情報

物的承継とは、会社売却の際の売却される側の企業の資産価値を後継となる企業に引き継ぐ際の手続きのことを言います。起業売却によって前社長の経営権は、新しいCEOに譲渡されるため、通常では人的承継と同様に考慮されるべき事案であります。M&Aに置いては、売却される側の企業の財産の取り扱いがもっとも重要であり、円滑に行われることによって承継した起業の経営が安定的に行われるよう取り計らう必要があります。事業継承を行う上で、財産の承継という手続きが大きな障壁となりますが、コンサルティング業務の手を借りることによってスムーズに移行することができます。この業務は主に会社の資産に対する法的な事務手続きが主となります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る