物的分割とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

物的分割

コンテンツ

物的分割とは会社分割の方法のひとつです。
元にある会社から新設された会社に対して事業を継承した際に、例えばM&Aなどの合併の際などにこの分割方法が使用されることがあります。
物的分割は、元の会社の株式を、分割した会社にも分けるという方法になっています。
特に、新設された会社の場合には、この方法を適応すると新設された会社は、元の会社の完全子会社になります。
そのような状況を作り出せるので、元の会社は分割した会社を効率的に利用することが出来るといえます。
そもそも、物的分割の元である会社分割は、経営の効率を上げることが目的となっています。
そのため、この方法を行なうことは、必然的に会社運営の効率の改善を行なうことになるということになります。

お役立ち情報

物的分割は事業を拡大するには、非常に重要な方法のひとつであり、どのようにして行なうかということが重要になってきます。
経営の効率化を図るためにも、物的分割は重要になりますが、一方で親会社の力が強くなりすぎるということもあります。
物的分割を行なうことで、事業の分割を行なった先は完全子会社となりますが、そういった状況ではどうしても親会社の力が強くなってしまいます。
そのような状況が進みすぎると、子会社を含めたすべての会社の経営がうまくいかなくなるといったことにもなります。
M&Aによる合併においてもこのような状況は起きる可能性があり、行動自体をうまく調整する必要があります。
物的分割をよく理解して、うまく利用する必要があるといえます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る