ブラウシス基準とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ブラウシス基準

コンテンツ

各企業は別の企業を買収することがありますが、特にアメリカなどではその際にブラウシス基準という概念が用いられます。M&Aにも記載されていることなのですが、ブラウシス基準は買収側の権利を保障するために設定されている概念です。被買収企業は買収防衛策を講じることができるのですが、最終的な判断は最高意思決定機関である株主総会によって決定されます。基本的には、ここでの決定が最も拘束力のある決議になります。その際に、被買収企業が正規の買収過程において、買収企業の施策を過度に妨害するような決議は、被買収企業の経営者の保身としてしか作用しない、ということで司法判断によって承認されなくなります。これがブラウシス基準の考え方であり正当な買収過程の権利を保障するものとなっています。

お役立ち情報

ブラウシス基準という言葉がM&A辞典に載っていますが、主にアメリカの司法判断の1つとして扱われています。基本的には、各企業は買収されることを嫌って最後まで対策案を練ることになります。その際に、正規の買収策をも妨害するようであれば、それは正当な買収取引ができなくなることを意味します。基本的には買収に至るルートとしては、好意的な買収が多いです。双方が合意の上での買収が最もスムーズに進むのですが、敵対関係にある企業同士では敵対的買収となってしまうので、経営者としても買収を阻止しにかかってきます。以前まではブラウシス基準がなかったので、この策によって会社の体裁を保つことが可能だった訳ですが、現在ではかなりブラウシス基準が厳格化されてきており、敵対的買収がより迅速に進行するようになっています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る