ブランクチェックとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ブランクチェック

コンテンツ

M&Aの活用法のひとつブランクチェック。このブランクチェックというのは敵対的買収に対する企業の防衛策のひとつです。取締役会が即発行株式の内容を自由に決められるよう権限を与えておくことをおおます。その際、買収阻止策を盛り込むことで買収を阻止できるように定めておくのです。会社の重要事項である取締役会に白紙委任することから白地小切手とも言われています。この敵対的買収とは会社の経営人にとって敵対的な第三者が買収を仕掛けてくることです。経営陣にとっては敵対的でも株主やそこで働く従業員、顧客などにとっては買収の内容が友好的な場合もあります。そのときの買収は結果的には友好的買収と言われるものも多いようです。

お役立ち情報

自分の会社がブランクチェックされる可能性がある場合でも対策法はあります。一番多いのはゴールデンパラシュートと言われるもので、買収された際現在の取締役はほとんど解任されますが、解任時の退職慰労金の額を高額に設定しておくという方法です。取締役の退職慰労金は年収の2~3年と言われています。この金額を高めに設定しておくのです。
しかしあまり高額だと投資家からの批判を浴びることになるので手切れ金という名目で金銭を渡す場合が多いようです。

他にも損をしないM&Aの方法はたくさんあります。会社存続、拡大のためにもM&Aのプロのアドバイスをうけながら自分の会社にとって利益の残る方法でブランクチェックを行っていきましょう。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る