分割型分割とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

分割型分割

コンテンツ

M&A用語の分割型分割とは、会社売却の際に、事業を継承する会社が、その見返りとして株式などを会社分割する会社の株主に割り当てる形の会社分割のことを言います。会社の法律上では分割をする会社が、引き継ぐ会社から得る株式などの対価として株主に配当をするという形になっています。人的分割という場合もあります。

なお、平成18年に新しい会社法が成立したために、吸収分割の際に継承する会社が分割会社に交付する対価の柔軟化が求められて、継承会社株式とはちがってすべてをお金で交付することもできるようになりました。完全に別会社にすることになりますので、分社という呼び方をすることもあります。会社分割は特定事業部門だけ分社する場合や不採算部門を切り離す際に行われるケースが多いでしょう。

お役立ち情報

M&Aの分割型分割の手続きは、会社法の上では、新設分割、吸収分割に分けてたくさんの手続きを行う必要があります。新会社法でも会社分割の手続きは特に従来とは違いはありません。分割契約書の作成と締結、労働者と競技をする、株主総会で承認決議案を発表した上で承認決議を求める、債権者保護手続き、そして分割登記という流れで行います。

会社売却の労働者との協議は合併と同じなのですが、会社分割の際には、労働承継法がありますので、労働者の権利、保護をする必要があるので、労働者に理解を求める、協力が必要な場合は協力を求めなければいけません。

株主総会でも、承認決議が必要ですが、承継会社も受け入れ資産が純資産の20パーセント以下になる場合には株主総会決議は必要ありません。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る