簿価引継法とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

簿価引継法

コンテンツ

各企業は会計処理を必ず行いますが、その際に用いられる方法として簿価引継法があります。M&Aでも説明されているのですが、これは会社内での事業分割があった場合において事業に対しての支配権が移転していない場合、つまり支配権が継続している場合にこの簿価引継法を利用します。この時には、会社の保有する資産や背負っている負債などは、全て帳簿上での簿価で処理します。これに対比される言葉として、売買処理法があります。これは、支配権が移転している場合に用いられる処理方法です。帳簿上での記録は一切無視されます。簿価引継法が適用される取引としては、共同支配企業と共同支配下における取引で利用することが多いです。この場合には、支配権を移転させる必要がないからです。

お役立ち情報

簿価引継法はM&Aにも記載されている通り、会社分割の際に資産や負債を帳簿上で処理する方法です。例えば、2つの事業を行っていたある会社が、そのうちの1つの事業を別の会社に分割する場合には、分割した会社は相手会社に対して資産などを引継ぐ必要があります。ここでは、分割という手段を用いているので簿価引継法が適用されます。その際に、分割会社は継承会社に対して新たな株式を発行する必要があるのですが、この時できる限り分割会社の負債が少なくなるようにします。そして、継承会社は負債による不足分を新たな株式として買い取ることになります。つまり、双方の取引では完全に差し引き0になります。ただし、営業分割時の利益は配当可能な利益としては認められないので、その分は取り崩す必要がでてきます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る