ベンチャーキャピタルとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ベンチャーキャピタル

コンテンツ

ベンチャーキャピタルは、将来が有望なベンチャー企業を様々な形で支援する機関となります。そのような機関は、ベンチャー企業の設立資金や運営資金を提供することになってきます。通常、ベンチャー企業は銀行などの金融機関からの借り入れが難しいために、ベンチャーキャピタルから資金を受けることが選択肢となり得ます。しかし、ベンチャーキャピタルでは、資金提供以外にも経営上のコンサルティング支援などを同時に行う場合があります。様々な支援をしてベンチャー企業を成功へ導くことによって、将来的にベンチャー企業が株式の上場を果たした時にベンチャーキャピタルでは大きな利益を得る見返りがあります。さらに支援したベンチャー企業が成長し、会社売却やM&Aをされた時にも莫大な利益を手にすることができます。

お役立ち情報

アメリカなどではベンチャーキャピタルが多く存在しているために企業の新陳代謝が活発になっていますが、日本ではまだ少ない状況があります。しかし、近年では日本にも徐々にベンチャーキャピタリストが増えてきています。将来が有望なITやバイオなどの分野のベンチャー企業への投資を積極化しているところも出てきています。企業の経験のない若手の経営者に対しては、コンサルタントを派遣して経営を教えるといったことが実践されています。最近では、ベンチャーキャピタルが手掛けたベンチャー企業が株式市場に上場するケースが出てきました。ベンチャー企業が上場をすると、ベンチャーキャピタルは未上場株を多くもっているために上場利益を手にすることができます。また、ベンチャー企業の中では大手の企業にM&Aをされたり、会社売却を持ち掛けられる場合も起こってきます。そうなると、ベンチャーキャピタルはさらなる利益の見返りを得ることができます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る