ベータ値とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ベータ値

コンテンツ

M&A用語の1つベータ値、ベータ値を活用することでそれぞれのリスクの許容範囲に応じた銘柄を選ぶことができるようになりますし、上昇相場でたくさんの利益を得ることも可能な銘柄が見つかります。ベータ値は、市場全体の株価指数に対してのそれぞれの銘柄の株価の感応度のことです。日経平均株価、TOPIXが仮に株価指数として1パーセント動いた場合に個別銘柄は何パーセント動きがあるのかを表している数値のことです。

TOPIXを基準にしている場合にはベータ値が1の銘柄のケースでは、TOPIXが1パーセント上がれば1パーセント上昇し、1パーセント下がれば1パーセント下がりますので、同じ動きをします。

数値が2になれば1パーセント動けば2倍の2パーセント動くことになり、数値が仮に0.5だった場合には半分の動きをすることになります。

お役立ち情報

M&Aのベータ値から何が見えてくるのか、これはそれぞれのリスクを知ることができます。ベータ値が1なら株価指数と同じ位のリスクがあることを意味していますし、ベータ値が2なら株価指数の倍のリスクがあることになります。リスクの動きの大きさをあらあわしているのです。

この数値からある傾向が見えてくるのですがこれは過去の実績に過ぎませんので、将来のネオの動きはわかりません。ベータ値を見れば景気敏感株かディフェンシブ株、どちらがいいのか見えてきますし、業界上位銘柄か業界の中位銘柄がいいのかわかります。また低位株と値がさ株についても知ることができます。この数値を見れば、業績の動きが大きな銘柄は数値が高くなることがわかります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る