バイヤーズバリューとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

バイヤーズバリュー

コンテンツ

M&Aを行うにあたって、買い手となる企業は様々な情報を確保し、比較や検討を行うこととなります。
その確認を行うべき情報の一つとして存在しているのが「バイヤーズバリュー」という情報です。
これは会社売却を行っている売り手となる企業の価値が、買い手にとってどれほどの価値があるかということを示す情報です。
客観的な評価によって下された適正市場価値に対し、買い手となる企業が得られるシナジー価値、買い手にとって利益を生み出す可能性のある売り手企業の資産や資材といったような価値をプラスすることで概算が計算されます。
バイヤーズバリューが高ければ高いほど、売り手となっている企業を買収することの価値が高いと判断されるのです。

お役立ち情報

バイヤーズバリューは適正市場価値と、買い手にとってのシナジー価値の二つを合算することで概算が計算されますが、これは実際には非常に判断が難しいといえます。
適正市場価値に関しては会社売却に出されている企業の資産や資本などから客観的な算出が可能となっていますが、シナジー価値という面については、買い手となる会社が保有している資産や資本などに左右されるため、客観的な算出が難しいのです。
基本的にシナジー価値という面においては買い手と売り手双方の主張から決定されざるを得ないため、M&Aにおける最終的なバイヤーズバリューは交渉の結果算出されるといえます。
このバイヤーズバリューがあまりにも低いと判断された場合にはM&Aを行うメリットが買い手側に存在しないと判断されることもあるため、このバイヤーズバリューを決定する交渉は非常に重要といえます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る