買収監査とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

買収監査

コンテンツ

買収監査という行為があります。これは買い手側がM&Aを最終的に決断するに当たって公認会計士や監査法人が会社の実態を把握するために行う最後の精密検査に当たるものです。これはM&Aが合意に至るまでの過程の中で示されてきた正当性を確認する作業に当たり、資料の正確さを確認する工程であるということができます。勿論全てを確認して回ることは不可能ですので時間と監査予算の許す限りの項目を絞って確認していくことが求められます。買い手側が重要であると認識している部分について重点的な監査を行い、会社売却を受けるに値するかどうかを見極めなければなりません。その作業を経てから特に問題がなければ条件を確定して契約に進むことになります。

お役立ち情報

買収監査とは買い手側が会社売却となる企業の資産状況を確認するM&Aの最終工程の一つです。買い手側が行う買収先の会社の健康診断のような位置づけで、最終判断の材料となります。この買収監査を行うのは公認会計士や監査法人といった専門家集団を選択して任せることが特に重要です。
M&Aに当たっては沢山の開示資料をもとに検討を積み重ねてきているものですが、その提示された資料が本当に正しく正確なものであるのかを専門家の目で見極めてもらわなければなりません。確認したつもりが資料が正しくなかったでは取り返しがつきません。効果的な抜き取り検査を行うにしてもプロの目に頼るのが最良の選択であるということができるでしょう。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る