買収防衛策とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

買収防衛策

コンテンツ

上場会社では、外資系ファンドなどによる敵対的買収に備えて買収防衛策を講じているところがあります。敵対的M&Aが行われると、会社の社員や株主などのステークホルダーに対して企業価値を損ねる可能性が出てきます。外資系ファンドなどでは企業をM&Aした後に、数年してから他の企業へ会社売却をしてしまうことになって、買収ファンドだけに利益が行くことになり兼ねません。そのため、企業では敵対的買収を仕掛けられそうになった時には、新株予約権によって新たに新株を大量に発行することにしています。万が一、敵対的な買収ファンドなどが会社の株式の過半数以上を買い占められたとしても、新株の発行によって再び株式の過半数を会社が握ることになり、経営権を維持することが可能になります。

お役立ち情報

海外では買収ファンドによって会社がM&Aされて、その後に業績が回復すると会社売却をするということが多く行われています。しかし、日本の企業では他社に買収されることを良しとしない企業風土があります。そのため、企業では買収防衛策を講じているところが少なくないです。日本でも数年前に企業が投資ファンドに株式を買い占められて、経営権を握られることが起こっています。投資ファンドでは物を言う株主として、企業に対して配当を増やすなどの要求をしたことがあります。しかし、配当を増やすというような要求は極めて目先の利益を求めるだけでしかありません。そうした出来事を見ていた他の企業経営者が、自社も同じような目に合わないように買収防衛策を作ったのがきっかけとなっています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る