買収とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

買収

コンテンツ

合併買収の意であるM&Aでは、会社そのものの売り買いである会社売却というものが扱われます。

この会社売却とはどういうものなのかと言えば、つまりは会社自体を他の会社が買収してしまう、つまりは買い取ってしまうということなのです。

こうしたことがどんな場合に行われるのかと言えば、経営不振に陥ってしまった会社がある場合に、他の力のある会社がそうした会社を丸ごと買収して買取ってしまう、ということなのです。

これは合併の一形態であるために、会社売却としてM&Aの対象として扱われるものであるわけです。

会社合併のパターンとしては、同等の力を持っている会社どうしが、その戦略上から対等な形で統合して一つの会社となるために合併する、というパターンもあれば、力のない会社が力のある会社に吸収されてしまう形で合併する、というパターンもあるわけで、買収による合併とは、この後者の場合を意味するわけなのです。

お役立ち情報

M&Aによる会社統合のパターンにおいて、買収による会社の合併が為される場合とは、自前で存続して行く力を失ってしまった会社が、他の会社に買取られるという形で会社売却がなされる、というような場合です。

これがいわゆる吸収合併というもので、自前での存続ができなくなってしまった会社が、他の会社に買収されて買取られることでその会社に吸収され、そうなることで、その従業員は自社を吸収した会社の従業員となることで、失業することなく今後もやって行けることになる、といったような場合のことを言うわけです。

自社の存続ができなくなってしまった経営者が、そうすることによって、従業員が路頭に迷ってしまわないようにしたい、というような場合に、こうした吸収合併が行われる場合があるのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る