ADRとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ADR

コンテンツ

ADRとは、資金繰りが悪化したり、事業が悪化し、経営危機に陥った会社が民事再生法や事業再生法を活用して中立的な第三者であるADR企業の手により、債務の整理をはじめ事業の立て直しを図る方法です。ADR事業者が仲介役となり、債権者である企業または金融機関と債務者である企業とのあいだで話し合いを下に整理手続きを行い手続きを進めます。この過程でM&Aによる会社売却が経営の立て直しに効果があると判断されれば、企業買収に向けた交渉がスタートします。この交渉の過程で双方が合意に達することができた場合には基本合意にいたり、債務者である会社の譲渡範囲や独占交渉権については債権者となる企業に対して付与される事になります。

お役立ち情報

民事再生法に基づいて事業再生を申請した起業は、ADR業者の公正な仲介によって債務整理の手続が進められます。この過程において弁護士を介して金融機関との間で返済の猶予を設けてもらうための交渉を行います。通常、大手企業に対しては高い信頼性から金融機関は大口の融資を行います。一度に返済できなくても、定期的な返済があれば金融機関はまたお金を融資してくれるという信頼によって成り立っている世界です。大口の融資をしているため、大企業が債務超過になり倒産してしまうと金融機関も損失を被ってしまいます。そこで、弁済に猶予を与えることでM&Aによる会社売却を考慮に入れた事業再生に着手し、経営の立て直しを図るのが目的です。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る