アドバイザリー契約とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

アドバイザリー契約

コンテンツ

会社売却が成されている企業などを買収するM&Aは今日において、企業規模の拡大や事業の多角化、資本の増強など様々なことを目的として行われています。
しかしながら実際にM&Aを完遂させるには様々な面において専門の知識が必要となるため、そうした専門知識を持つ人を買い手企業が擁していない場合などには、外部にM&A完遂までの知識面のフォローや事務処理面のフォローなどを依頼する必要があります。
そうした際にM&A完遂までの工程をサポート・フォローする役割を担うのがアドバイザリー契約を担っている業者などということになるのです。
アドバイザリー契約を締結している間は買収に関する交渉全体の運営や取引が出来る環境の整備、双方の企業が持つ情報の整理といった作業を、専門知識を持つスタッフに代行してもらうことが出来るようになるのです。

お役立ち情報

アドバイザリー契約は今日のグローバル化・流動化が進む経済において非常に重要なものとされています。
特に効率的なM&Aを行うにあたっては、買い手となる企業と会社売却を行っている売り手となる企業双方の協力が不可欠であるため、二つの企業の間を取り持つ存在が必要となるのです。
またM&Aを進めるにあたってはデューデリジェンス、買収監査と呼ばれる工程が必要不可欠になります。
これは売り手となっている企業の価値が本当に買収するに値するかどうかということや、実際に買収をして問題が無いかといったようなことを判断する工程となりますが、これは実際にM&Aを行っている買い手と売り手、どちらが行うとしても、評価の中に主観が介在してしまうというリスクがあります。
アドバイザリー契約によって客観的な視点を確保するということは、こうした情報の収集と処理の効率化と適正化を図ることも可能となるのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る