アーニング・マルチプル・レシオとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

アーニング・マルチプル・レシオ

コンテンツ

アーニング・マルチプル・レシオとは「Earning Multiple Ratio」であり、直訳すると収益倍数比率となります。過去に実地したM&Aにおいて、取引価格と買収された側の企業の税引き後利益を検証して比率化したものを指します。この数値は新たにM&Aを実施することを検討する際に、その業界でのM&A取引価格の相場を知る指標として用いることが可能です。過去に実施した同業種企業との間でおこなわれたM&A事例において取引価格と買収された側の企業の税引き後純利益に一定の関係性が見られるといった傾向にある場合には、その比率がアーニング・マルチプル・レシオです。M&Aの検討には買収の対象となる企業とその企業価値の評価の算定には、様々な評価方法を用います。アーニング・マルチプル・レシオもそのひとつです。

お役立ち情報

M&Aを行う際の企業価値評価方法には、「インカムアプローチ」「コストアプローチ」「マーケットアプローチ」などがあります。M&Aの目的や、対象企業の事業の特徴などによって、どのアプローチを採用するのかを決定します。時として必要であれば複数のアプローチ方法を用いることもあります。インカムアプローチは、M&Aによって将来的にもたらされるであろうリターンを現在価値に加味することで、対象企業の価値を評価するものです。コストアプローチは負債や資産を個別に評価し、企業価値の評価を導きます。マーケットアプローチは同業種他企業もしくは対象企業の株式市場、または過去の類似のM&A事例の取引価格などを用いてその企業や事業の価値評価を導きだす方法です。アーニング・マルチプル・レシオは、このマーケットアプローチに属する評価方法のひとつです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る