2012年問題とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

2012年問題

コンテンツ

2012年問題とは、団塊世代が引退年齢を迎え始める一方で、後継者が不足することから、事業継承問題が深刻化するという問題になります。
そのため、会社売却やM&Aなどについて悩まれているという方が少なくないのが、2012年問題です。
事業継承者不足で悩んでいる企業が多いということや、後継者不在率が69%程になります。
ところで、中小企業経営者の事業継承問題は、本当に深刻になります。
M&Aでの企業買収が増えていくという見込みや、逆に、会社売却が増えるというのは、正しい予測になります。
そこで、2012年問題は、単に、事業継承という問題だけではなく、経営方針として、どのような切り口で解決をするのかが問題です。

お役立ち情報

2012年問題で会社売却やM&Aなどの対策をオススメすることがあります。
事業継承問題だけでもなく、経営戦略というのが必要になります。
そこで、税理士法人や会計事務所、中小企業診断士などに、事業継承問題についてご相談なさってみては如何でしょうか。
というのも、自分一人でM&Aといっても、もう、引退したいし、仕事をやってきてこれから、自分の人生だけを考えたいという時なのに、事業の継続、社員の雇用継続、取引先との取引継続など雇用関係などについては、専門家にまかせてみるという選択肢もあります。
もちろん、無理にではないのですが、相談先を探されているという方は、インターネットから探されてみると、早く探せます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る