売渡請求とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

売渡請求

コンテンツ

M&A(会社売却)における売渡請求とは、相続、合併によって会社にとってよくない相手に株式が分散することを防ぐことを意味しています。相続、合併で株式を得た会社に対して、会社がその株式を売り渡すよう請求する権利のことです。株式を譲渡制限株式にした場合でも相続、合併などの理由によって株式の移転というのは制限ができませんでしたから、会社にとり好ましくはない人に株式分散してしまい、それを防ぐことができませんでした。

しかし会社法が新しくなり、会社が相続や合併で移転した譲渡制限株式については、売渡請求をすることができるようになりましたので、会社の経営はこれまで以上に安定させることが可能になりました。会社の経営安定を狙いとしています。

お役立ち情報

M&A(会社売却)における売渡請求をする際の注意点ですが、この制度の利用に当たっては3つの注意点があります。1つ目は請求期限です。合併や相続などがあることを知った日から1年以内に株主総会の特別決議を経て請求しなければいけません。

2つ目は売買価格です。株式の売買価格は当事者同士で協議をした上で決定しますが、容疑が整わなければ裁判所に売買価格決定の申し立てが可能です。しかし申し立て期限があり、売買請求の日から20日以内となっています。

そして3つ目、余剰金分配可能額を超えた買取はできないことです。M&Aで売渡請求をすることは株式の分散を予防することができますので、よりスムーズに事業継承ができるようになりますがこれらの注意点がありますので気をつけましょう。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る