エクイティーファイナンスとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

エクイティーファイナンス

コンテンツ

企業の活動を行っていくことが厳しい時代なので、会社売却、M&Aといった手続きに入っていく企業が出てきました。その際は、特殊な用語についての理解が必要です。たとえば、エクイティーファイナンスという用語です。

エクイティーファイナンス、Equity Financeというのは、資金を調達する手法の1つで、新株の発行を伴うものを指します。新株引受権付社債、Convertible Bond、すなわち転換社債などを起債することが、エクイティーファイナンスの例として挙げられます。企業が発展していくに当たって、基本となる財務活動の1つであり、エクイティーファイナンスによって調達した資金は、貸借対照表では純資産の部に表記されます。

お役立ち情報

会社売却、M&Aの手続きを行う場合は、関連する知識を持っていることが必要です。知識が不十分な状態では、会社売却・M&Aの手続きをスムーズに進めることが困難になります。たとえば、資金調達手法の1つである、エクイティーファイナンスなどの知識です。

エクイティーファイナンスというのは、返済する期限が定められていない資金調達の方法です。そのため、新株を発行した企業は、財政面が強固になるメリットを持っています。逆に、既存の株主の側から見ると、エクイティーファイナンスを行ったことで、1株あたりの価値が下がってしまうため、既存の株主に対する説明を行うことが、エクイティーファイナンスを行う場合の義務とされています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る